Windows8 64bit クリーンインストールに含まれるタグ :
Windows8  64bit  


Clip to Evernote

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の記事 : エアプサン太っ腹な増便キャンペーン
前の記事 : 御飯のおいしさを引き出す炊き方②大公開

カテゴリー : スポンサー広告

スポンサーサイト (記事編集)



Clip to Evernote
Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

最新の記事一覧

【 新しい記事から順番に読む 】
【 サイトマップ : 全記事一覧・全タグ一覧 】

Windows8 64bit クリーンインストール

32ビットの従来のWindowsから64ビットのWindows8へのアップグレード
基本事項、ポイントを確認して、マル秘裏ワザを使い
32ビット・64ビットWindows8へのアップグレード。

基本事項
Windows8へのアップグレード対象OSが必要
  • Windows7
  • WindowsVista
  • WindowsXP Service Pack 3 (SP3)
  • Windows8 Release Preview
  • Windows8 Consumer Preview
  • Windows8 Developer Preview
※この段階では、Windows 8 アップグレード アシスタントでチェックを通り、
正規版のWindows8のプロダクトキーを入手する為なので、32ビット・64ビット
どちらでもかまいません。


Windows 8 のシステム要件を満たしていること
プロセッサ: PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ (詳細)
RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
※注意事項
Windows 8 アップグレード アシスタントでチェックを通りDVDやUSBメディア作成時、
Windows起動ドライブの空き領域が空いていても、環境変数で他ドライブを指定している場合
そちらの空き領域が少ないと、メディア作成時に途中で終了してしまいますので注意してください。


※注意事項
Windows 8 Enterprise 評価版からでは、Windows8 アップグレード アシスタントでは、
Windows8 アップグレード対象外と認識されますので、上記OSからWindows8 アップ
グレード アシスタントを作動させてWindows8 アップグレードダウンロード版を購入し、
Windows8 のプロダクトキー手元に準備ください。


Windows8 アップグレードダウンロード版のビットについて

  1. 32ビットのWindowsXP、WindowsVista、Windows7から、
    Windows8 64ビットへのアップグレードは、直接は出来ません
  2. Windows8 64ビットを新規インストールして頂く必要があります
  3. ダウンロードするPCのビット数に合わせたバージョンがダウンロードされる。
  4. ダウンロードするPCが2種類準備できるなら、両方のバージョンがダウンロード可能。

ポイント
  • 64ビット機を準備して、Windows8 64ビット版ISOファイルダウンロード
  • 32ビット機を準備して、Windows8 32ビット版ISOファイルダウンロード


Windows8 アップグレード ダウンロード版で
32ビットと 64ビット両方のISOファイルを手に入れる方法


意外と親切なマイクロソフト様から、32ビット・64ビット機の準備の道が開かれていたのです。

手順1
  • Windows8 Enterprise 評価版から、Windows8 64ビット版ISOファイルダウンロード。

    TechNet Evaluation CenterからWindows32ビット・64ビット機の2種類の準備を行う。

    必要なビットをダウンロードして、必要なビット機を準備をしてください。


  • 手順2
  • DVDやUSBにWindows8 Enterprise 評価版ISOファイルの書き込みを行ってください。


  • 手順3
  • 必要なビット数のISOファイルを準備する為に、上記インストールメディアからBootしてWindows 8 Enterprise 評価版をクリーンインストールする。

  • DVDの場合"Press any key to boot from DVD" というメッセージが表示されたら、
    いずれかのキーを押します。このメッセージが表示されない場合、または従来の
    Windowsが起動する場合、起動(Boot)ドライブの変更についてを参考にしてください。

    手順4
  • ここまでは下準備です。
    いよいよ本番です。手順3で準備した必要なビット機を利用して作業を進めます。
    準備ができたら、[Windows8 のインストール] をクリックして、ISOファイルをダウンロードしてください。


  • 手順5
  • DVDやUSBにWindows8のISOファイルの書き込みを行ってください。

  • DVDの場合"Press any key to boot from DVD" というメッセージが表示されたら、
    いずれかのキーを押します。このメッセージが表示されない場合、または従来の
    Windowsが起動する場合、起動(Boot)ドライブの変更についてを参考にしてください。

    手順6
  • 上記インストールメディアからBootして、Windows8をクリーンインストールしてください。


参考:ライセンス認証されていない場合、Windows8を再度クリーンインストールしてください、
   ライセンス認証されます。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

上記内容が判らない方は
Windows 8 パッケージ版を発売記念優待版など下記URLから購入する方法もあります。
Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版
(XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

  • 2012年1月31日までの特別価格¥5,481 国内配送料無料です。
  • 2012年2月1日以降の『Windows 8 Pro』の参考価格は27,900円(税込)となります。
  • Windows XP、Windows Vista、Windows 7を搭載したパソコンからのアップグレード
    のみに対応しています。
  • 32bit及び64bitどちらにも対応しております。



起動(Boot)ドライブの変更について
パソコンを再起動しても、現在の旧バージョンのWindowsが起動する場合は、
HDDが起動ドライブになっている場合があります。

作成したDVDまたはUSBからブートして起動するようにブート順を変更してください。

パソコンの起動画面でBIOS起動キーを押し、BIOS設定で、起動ドライブの
変更をする必要があります。

起動(Boot)ドライブ変更手順
・電源を入れる。
・電源を投入した直後に、ディスプレイに何か表示され、画面右下に "Press DEL to enter SETUP."
と表示されたら、すかさずBIOS起動キーを押します。

各メーカーのBIOS起動キー一覧
F1キー:レノボ・ジャパン
F2キー:NEC、ソニー 、富士通、パナソニック 、Dell
F10キー:日本HP、エプソンダイレクト
ESCキー:東芝
Deleteキー:その他自作機


・無事BIOS画面が表示されたら、矢印キーでメニューからBootを選択する。
・起動デバイスの優先順位の設定
・1st Boot Deviceを選択し起動させたい
 Drive(DVDやUSBの型式)を選択する。
・2st Boot DeviceはHDDに変更しましょう。

無事、起動デバイスの変更できたら、
F10キーを押して Save & Exit Setup でBIOSを保存再起動してください。

DVDまたはUSBから起動きたら、おめでとうございます。

させてwindows8 x64 インストール作業再開。
関連記事
次の記事 : エアプサン太っ腹な増便キャンペーン
前の記事 : 御飯のおいしさを引き出す炊き方②大公開

カテゴリー : パソコン・インターネット

Windows8 64bit クリーンインストール (記事編集)

記事のタグ : Windows8 64bit 



Clip to Evernote
Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑

最新の記事一覧

【 新しい記事から順番に読む 】
【 サイトマップ : 全記事一覧・全タグ一覧 】
Trackback
Comment

Windows8 64bit クリーンインストール
コメントを投稿する

お気軽にコメントをどうぞ。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。